カレイ

 「左ヒラメに右カレイ」は目の位置によるヒラメとカレイの見分け方だが、見慣れた人なら姿かたちで一目で見分けがつく。
 そのカレイの一種、メイタガレイが阪神淡路大震災の翌年と翌々年は水揚げが例年の二倍から三倍と大豊漁となったことがある。
 地震による海底の揺さぶりと亀裂が原因で砂泥中のゴカイ類をはじめとする魚の餌が大量に増えたためではないかといわれていた。
 カレイは一年で手のひらサイズに成長し、二年で商品価値が出るサイズになるとされている。
 瀬戸内周辺では型のよい「イシガレイ」に子持ちが旨(うま)い「マコガレイ」、やや小ぶりの「メイタガレイ」の順で人気があるといわれ、煮つけに刺身に干物にと重宝されている。
 魚はおしなべて春の産卵までの季節が美味しいとされているがカレイの場合も「花見ガレイ」と呼ばれる頃までが旬とされている。
 気になるのは宝の海と呼ばれていた瀬戸内の漁獲量が近年は全体に下降線を辿(たど)っており、漁師さんからは嘆き節が聞こえてくる。
 ここ最近は瀬戸内に春を告げるといわれるイカナゴ漁が大変な不漁となっており高級和牛以上の値が付くほどとなっている。