小さな旅

 私の大好きな番組にNHKの「小さな旅」がある。
 この番組は全国各地の四季の風景を訪ねそこに暮らす人々の暮らしを紹介する紀行番組である。
 テーマソングのイントロが流れるだけで心が安らぎ、曲の優しさに吸い込まれてゆくような音楽が素晴らしい。
 全国の名所だけではなく海・山・川に暮らす人々の生活を訪ね歩く旅人と、方言混じりの会話がとても素朴で微笑(ほほえ)ましい。
 そして何といっても心を打つのが暮らしの映像だけでなく、その土地々々における日本の自然美である。
 同じ日本であっても北と南では風景や習慣がこんなに違うのかな!、あの山並みの雪は見事だな!、あの海ではそんな漁が取れるのか!などを紹介するのがナレーターである。
 郷愁を誘う曲に日本ならではの季節の映像、そしてナレーターの語り口調が見事に調和している。
 美しい日本の風景だけではなく、自分のふる里と比較して見たり、知らない土地への憧(あこが)れを抱いたりしながら見ると旅行気分が味わえる。
 この番組は一言で言えば「暮らしの歳時記」的なものであるがそのよさは「日本に生まれてよかったなー」と思わせる四季自然と素朴な国民性に惹(ひ)かれるところである。