日本人の感性

 日本のドラマや映画のシーンではどこかで鳥や虫の鳴き声を入れることが多い。
 代表的なものとしては春の鶯(うぐいす)・夏の蝉・秋はコオロギ・冬になると虎落笛(もがりぶえ)などとなる。虎落笛とはヒューという風の音のことである。

 日本人は他にも梵鐘(ぼんしょう)の音色(ねいろ)に時を知り、次第にか細くなって行く余韻(よいん)にまで心を動かす。
 日本人は視覚だけでなく聴覚(ちょうかく)からも季節を感じ取り、季節の移ろいを楽しむ。
落ち蝉の断末魔(だんまつま)に哀れを感じ、草むらにすだく虫の音に思いを馳(は)せるというのが日本人の感性である。
 ところが虫の声を「声」として聴いているのは日本人とポリネシア人だけであるという嘘(うそ)のような本当の話がある。
 外国人のほとんどは虫の声などは耳に入らず聞こえていても雑音(ノイズ)にしか聞こえないというのである。
 日本人からすると信じられない話であり、何と無粋(ぶすい)な人種なのかということになるが専門家によると右脳(感性・音楽脳)で聞くか左脳(論理・言語脳)で聞くかの違いであるという。
 つまり、国道沿いや電車沿線に住んでいると車や電車の音を意識しなくなるというのと同じ現象だというのである。
 いくら説明されてもよく分からない話であるが季節や音に限らず日本人の五感を通して物事を感じ取るという繊細さはどこから生まれたのであろうか。
 日本女性と結婚し「日本の面影」の著者であるラフカデイオハーン(小泉八雲)は「私は日本の美しさと精神性に惚(ほ)れた、西洋人には雑音としか聞こえない蛙(かえる)や虫の声を愛(め)で哀歓(あいかん)として受け止めるようになれば日本の心が感じ取れるようになるだろう」と語っている。
 「♪あれ松虫が鳴いている・・・チンチロチンチロチンチロリン、あれ鈴虫も鳴き出した・・・」一昔前ならどこからともなく聞こえてきていた童謡であるが日本人はこの曲を聴きアーやっと暑さから解放され新涼(しんりょう)の季節がやってくると安堵感を覚えていたものでる。
 夜風を感じ、星の煌(きら)めきを眺めながら陽気がどこか違ってきたことを感じ取りながら虫の声を聴くのが日本人なのである。
 昔の人達は常に鋭い感性と五感をもって暮らしてきたが今の日本の子供達は虫の声が耳に届いているのであろうか・・・?