さくら雑記

 桜は古くから、農事、生活、文化、死生観に至るまで、日本人にとっては特別な花となっている。
 春は開花から落花に至るまで注目を浴び、秋は桜紅葉(さくらもみじ) として観賞され、樹木は家具をはじめとする高級材料として重宝される。
 桜鯛・桜餅・桜雨…と桜をつけた呼び名も多く、散り様までが称賛される。
 春になった喜びの中で咲く桜は、日本人の美意識に適(かな) った花であり、それぞれの思いを託すにふさわしい花だったからでもあろう。ただ、奈良時代あたりまでは桜より梅や萩がもてはやされたようで、桜が台頭するのは平安時代からといわれている。先にも述べたがその後、豊臣秀吉が催した「醍(だい) 醐(ご) の花見」、八代将軍吉宗による「お花見奨励策(はなみしょうれいさく) 」、幕末になって登場する「ソメイヨシノ」の出現などにより、日本の桜文化が確立される。
 そのソメイヨシノの誕生は、江戸染井村(そめいむら) の植木屋さんが大島桜と江戸彼岸をかけ合わせた交配種とされており、名前の由来は染井村と桜の名所であった吉野山にちなんだといわれている。
 ソメイヨシノは、淡いピンクの色合いと花の豪華さや散り際の見事さが日本人の感性に合ったためか、明治に入って一気に全国に広まることになる。
 一方、ソメイヨシノに座を奪われた彼岸桜や山桜の方は、花(鼻)より葉(歯)の方が先に出るなどという不名誉な扱いを受けることになる。「姥桜(うばざくら) 」という言葉もイメージが悪いが、こちらの方は盛りを過ぎても美人で色気があるという意味であり、本来は褒(ほ) め言葉であったとされている。
 お花見の名所といえば誰しもがソメイヨシノを連想するが、写真の愛好家達は風情を求めてか山桜ファンも多いと聞く。
 ところで日本の国花は「菊」ですか、それとも「桜」ですか、と聞くと首をかしげる人が多い。皇室の紋章は菊であるが、国民的にも世界的にも注目をあびるのは桜である。つまり、日本の国花は二つということになっている。

前の記事

黒鯛

次の記事

初物