木蓮

 虚空(こくう)に向けて咆哮(ほうこう)するような木蓮(もくれん)のつぼみが、悄然(しょうぜん) としたこの季節に力強く息づいている。
 冷たい北風に敢然(かんぜん)と立ち向かい、霜雪(そうせつ)の日々にも毅然(きぜん)とした態度を崩そうとしない。そんな姿は、何事にも動じない無念無想(むねんむそう)の構えにも似ている。光の春の中で逞(たくま) しく膨(ふく) らんでゆくその様子には、誰しもが春への期待をふくらませる。
 そして季節が和み、時節到来となると、それまでの気丈(きじょう)な姿とは裏腹に一気にはじけるような華麗(かれい)な花を咲かせる。その姿は耐えに耐えた末に勝ち取った万感(ばんかん)の笑顔に似ており、希望の花ともいえる。
 木蓮には紫木蓮(しもくれん)と白木蓮(はくもくれん)があるが、名前の由来は花の形が「蓮(はす) 」に似ているからといわれている。
 春を告げる花は数多くあるが、春本番の陽気を真っ先に知らせてくれるのは木蓮である。
 バレンタインに似合う花は「ひそかな愛」の花言葉を持つスミレということだが、木蓮の花言葉は異性への愛ならぬ「自然への愛」ということである。

前の記事

花屋さん

次の記事

大雪と大事件