縁側

 昔の日本の家屋といえば、部屋が田の字になっているのが一般的であり、庭と部屋との境には必ず縁側(えんがわ)を設けていた。
 一見、無駄とも思える縁側には深い意味が隠されている。
 日本では着物にしろ家屋にしろ、夏を涼しく冬を暖かくという工夫がなされてきたが、どちらかといえば夏が重視されてきた。文化の中心が西日本であったからかもしれない。
 この縁側は、夏の直射日光を遮(さえぎ) り、風雨を和らげ、風通しを良くする効果がある。外気温と室温の緩衝役 (かんしょうやく) も担(にな)った。
 それだけではなく日本の心も入っている。風流を愛する日本人は、自然を愛(め) でるだけではなく、庭という文化を育て、巡りくる四季の移ろいを縁越しに楽しんだ。このわずか一畳巾(いちじょうはば) ほどの縁越しの空間は、開放感を与えてくれるだけでなく、人と人を結ぶ語らいの場であり、人と自然を仕切る「結界(けっかい)」のような役目まで果たした。
 結界という言葉には聖域と俗域、即(すなわ) ち立場をわきまえた境という意味があり、落語や挨拶などで扇子を前に置くのは謙虚さの表現とされている。
 近年は洋風建築が主流となり、縁側を持つ家屋は少なくなったが、日溜(ひだ) まりが恋しいこれからの季節は、この縁側が至福(しふく)の場を与えてくれる。
 穏やかな日差しにほだされながら読書をするもよし、うつらうつらの日向(ひなた) ぼっこにももってこいの場所となる。
 「小春日の 縁に詰碁の 白と黒」(季香子)

 

前の記事

障子

次の記事

人生の季節