餅鰹

 和歌山勤務のころ、田辺漁協のベテラン職員が取材の中で、今年ほど戻り鰹が揚がる年は初めてだという年があった。
 鰹は日本の沿岸に沿って蛇行する黒潮沿いに移動する回遊魚である。そのため、黒潮の流路によっては漁場が近くなったり遠くなったりし、漁獲量や浜値にも大きく影響する。
 近年は鰹の漁獲量が激減し、国際問題にまで発展しているが、たまたまこの年は豊漁で極端に浜値が下がり、漁師さん達は油代も出ないと嘆いていた。
 「女房を質に入れても初鰹」と詠われた初夏の鰹は「上り鰹」だが、水温の低下に伴って三陸沖から南下する秋の鰹は、「下り鰹」とも「戻り鰹」とも呼ばれる。
 この時期の鰹は脂がのっているにもかかわらず、身がしまっていてさっぱりとしている。
 鰹の旬は春と秋の年に二度とされるが、和歌山では刺身にすると搗(つ) きたての餅に似た食感からこの時期の鰹は別名「餅鰹(もちがつお)」と呼ばれている。
 この時の鰹はエッと思うほどの小ぶりであったが、包丁痕も生々しい捌(さば) きたての食感は正にその名の通り「餅鰹」であった。他にチチコ(鰹の心臓)、はらんぼ(鰹の腹の部分)、酒盗(しゅとう) (鰹の内臓で作った塩辛)などが出された店での一杯は忘れられない味となっている。

前の記事

明石海峡

次の記事

夕焼け小焼け