十三夜

 お月見といえば、九月の〝仲秋の名月〟(十五夜)がもてはやされるが、月を愛(め)でるには月遅れの〝後の月〟(十三夜)に限る。
 西行法師も「雲きえし秋のなかばの空よりも月は今宵ぞ名におへりける」と、十五夜より十三夜の方が素晴らしいと読んでいる。
 仲秋の名月の頃は残暑から解放され、秋への期待感が高まるが、秋雨の時期と重なるために曇雨天の可能性が高く、年によっては夏の名残りが強い。一方、十三夜の頃は空気が澄み天気が安定するために美しい月に出合う確率が高くなり「十三夜に曇りなし」という言葉さえある。
 仲秋の名月の習わしは、中国から日本に伝わったものであるが、十三夜の方は日本独自の風習として生まれた。黄河流域と日本の季節差(秋の旬)が、新たに日本流の十三夜というお月見行事を誕生させたのではないだろうか。
 この他に日本では「三月見」と言って、馴染みは薄いが「十日夜(とおかんや)(亥(い)の子)」の行事がある。こちらの方はお月見と収穫祝いを兼ねるが、炬燵を出す時期と重なるために火災除けの行事ということにもなる。
 日本では、十五夜の月見をしたなら十三夜も月見をするのが常識とされ、片方だけのお月見は「片見月」として嫌(きら) われてきたが、十五夜、十三夜、十日夜の三日間が晴れると逆に縁起が良いとされてきた。

前の記事

春秋論争

次の記事

畳文化