彼岸花

 ある日突然、燃えるような赤い花を咲かす彼岸花は、今や日本の秋景色に欠かせない存在となっている。彼岸花はその名の通り、お彼岸の頃になるとニョキニョキときっちり同じ場所に花を咲かす。
 ところが昔からこの花ほど忌(い) み嫌われた花も珍しい。彼岸花とか曼珠沙華(まんじゅしゃげ)ならイメージはよいが狐花・毒花・死人花・幽霊花・厄病花・地獄花・葬式花・火焔草など歳時記にさえも不吉な名前がずらりと並ぶ。そのため子供の頃に彼岸花を持ち帰って真顔で叱(しか) られた記憶がある。
 ひとつには日本人に馴染(なじ)まないケバケバしい赤ということもあるが、墓地の周辺に見かけることが多かったためではないかといわれている。
 彼岸花は有毒性と悪臭を持つために、ネズミやモグラなどから遺体や田んぼの畦を守るために植えられたという説がある。
 彼岸花は花の咲く頃に葉っぱがなく、葉の出る頃に花がないところから「葉見ず花見ず」ともいわれている。
 一風変わった花なのかもしれないが、この花が咲きだすと不思議と残暑が収(おさ) まり、秋本番がやってくる。

次の記事

ごまめの歯ぎしり