宇宙の中でただ一つ満々と水を湛(たた) える地球は、別名「水惑星」とも呼ばれる。その水の97%が海水であり、世界広しといえどもそのまま飲める安全な水はほんのわずかである。
 四大文明が示すように人は川(河)と共に栄えてきた。何度洪水に悩まされても人は水と共存しなければ生きてこられなかった。
 日本では「水を制するものは天下を制す」とか「湯水の如く」、「水と空気はただ」、「水に流す」などといわれてきたが、その一方で川を粗末にする者には罰(ばち) があたるなどと、水への感謝を忘れていない。
 どこに行っても清流が溢(あふ) れる日本には、あまたの水にまつわる言葉がある。
 「水は方円の器に従う」とは人は友達や環境によって善くも悪くもなる、「覆水(ふくすい)盆に返らず」とは一度別れた夫婦は元に戻らず取返しがつかない、「行雲流水」とは雲や水の如く自然の成り行きに任せるということである。
 日本は世界の年間平均降水量の約2倍の雨が降る。「水の一滴は血の一滴」といわれるほどの国があれば、生活用水に濁ったような水を使用する国もある。そんな国からすると飲み水をトイレに使用するなどはもっての他であり、とても水に流せるような話ではないであろう。
 長い海外勤務を経験した友人は、水道の使い方ですぐに日本人と分かると語っていたが、豊かな水資源に恵まれている日本は、実は大変な水輸入国でもある。なぜなら、日本はその貴重な水を使った海外の農産物を大量に輸入し、大量消費をしているからである。
 暖候期になると毎年どこかで水害に見舞われる日本であるが、地球規模でみると干ばつも多く、世界の人口増加に伴っての水問題は今後益々深刻となる。
 二十一世紀は石油戦争に変わって水戦争が起こるとまでいわれている。

前の記事

昭和の夏

次の記事

海の日