温暖化と異常気象

 近年「温暖化」、「異常気象」、「気候変動」、「自然破壊」などの言葉がマスコミを賑わしている。
 温暖化については先にも触れたが、氷山が崩れ落ちる映像などは何度見ても心が痛むだけでなく、不安がよぎる。地球を潤(うるお) し生命の源とされるのが海であり、地球の温度を一定に保ち有害宇宙線から生命を守ってくれるのが大気である。ところが近年は世界の平均気温と海面水温は上昇傾向にあり、雪氷面積は減少傾向にあるとされる。
 世界の科学者たちは、生命環境である海と大気の相互作用研究を進めているが、世界の気象現象は台風にしろ雨の降り方にしろ激しくなるばかりである。
 そこで登場するのが「温暖化」と「異常気象」という言葉である。温暖化とは一言でいうと地球の平均気温が15度を上回ることであり、異常気象とは30年に一度起こるか起こらないかという気象現象のことである。
 IPCC(気候変動政府間パネル)からは、人間の経済活動に伴う温室効果ガスの排出が温暖化の原因であると報告しているが、その対策機関であるCOP(気候変動枠組条約)の方は、各国の利害や思惑が絡み対応に苦慮しているのが現状である。
 異常気象といえるかどうかは別として、日本でも平成以降は暖冬傾向が続いており、夏は長く梅雨もはっきりしない傾向にある。
 今や経済という魔物は誰にもコントロール出来なくなってしまっているが、豊かさや便利さを追い求める結果、気がつくと地球全体が取り返しのつかない事態に陥(おちい) ってしまうというのが怖い。

前の記事

くちなしの花

次の記事

和傘